横浜市 指定事業所 特定非営利活動法人 発達障害・問題行動・子育て・ご家族が抱える問題を解決の方向に支援します。

ソーシャルスキルトレーニング

ソーシャルスキル教室のご案内

集団に適応できるようコミュニケーション・対人関係・社会性をみにつける トレーニングを実施します。

対象

日常生活の中で育てにくさを感じる。小学校や中学校といった集団生活のなかで気になる様子や問題行動がみられるお子さんや発達障害をお持ちのお子さんなどを対象としています。

  • <小学生、中学生>

曜日・時間等

 
午後 複数グループがあるので、時間については決定次第お伝えします。

費用

児童福祉法に基づく障害児施設等給付制度が利用できます。(利用をご希望の際は、ご相談ください。この制度を利用される場合は、受給者証に記載された障害程度区分や利用者負担上限金額等によって、自己負担額が算定されます。) 上記制度を利用されない方は、1回につき5000円となります。

持ち物

筆記用具 (鉛筆、消しゴム)

保護者の見学について

教室の様子を見学していただくことは可能です。ご希望の場合は、ご相談ください。ただし、グループの状況によっては、見学ができない場合もあります。

ソーシャルスキルトレーニング(SST)の流れ

SST 準備シート

ポイント
始まりの会
開始まで、“準備シート”を記入します。先生とお話しながらシートに書きます。

SST 今回のスケジュール

ポイント
教室の約束や、その日の流れを説明します。毎回、ホワイトボードにスケジュールを書き込みます。

SST ソーシャルスキル 絵カード

ポイント
ソーシャルスキル
社会的な場面を示した絵カードなどを使って、他者の気もちを読みとる練習をしたり、挨拶や表情の理解、会話のルールなどを学び、実際に先生や友だちとの間で練習をします

SST トレーニング開始

ポイント
トレーニング 1
はさみやのりといった道具を使って、手先の巧緻性を高める活動を行ったり、カードゲーム、ボードゲームを通して、ルールを守ることを学びます。

SST ぼうずめくり

ポイント
話し合いを通じて、友だちと協力することや、順番を守ること、勝ち負けではなく仲間と参加することを楽しむこと、などが目標です。

SST 身体の動かし

ポイント
トレーニング 2
主に動作課題を行います。ボールなどの道具を使って、身体の動かし方を学び、コントロールする力をつけていきます。動いていい時と止まっていなければならない時があることを学びます。

SST 終わりの会 振り返りシート

ポイント
終わりの会
みんなで終わりの挨拶をします。それぞれ、教室の活動をふりかえり、その日に何をやったか、自分のたてた目標を達成できたか、などを、“ふりかえりシート”に記入します。先生からチェックをもらった人から帰ります。

PAGETOP
Copyright © Antwerp Counseling Office All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.