ソーシャルスキルトレーニング

ソーシャルスキルトレーニング教室の様子

集団に適応できるようにコミュニケーション・対人関係・社会性を身につけるトレーニングを実施します。

対象

日常生活の中で育てにくさを感じる。小学校や中学校といった集団生活のなかで気になる様子や問題行動がみられるお子さんや発達障害をお持ちのお子さんなどを対象としています。

  • <小・中・高>

曜日・時間等

 
午後 複数グループがあるので、時間については決定次第お伝えします。

費用

児童福祉法に基づく障害児施設等給付制度が利用できます。(利用をご希望の際は、ご相談ください。この制度を利用される場合は、受給者証に記載された障害程度区分や利用者負担上限金額等によって、自己負担額が算定されます。) 

持ち物

筆記用具 (鉛筆、消しゴム)

保護者の見学について

教室の様子を見学していただくことは可能です。ご希望の場合は、ご相談ください。ただし、グループの状況によっては、見学ができない場合もあります。

ソーシャルスキルトレーニングの流れ

ポイント
始まり
始めの会をします。今日の予定を確認します。

ポイント
ワークシート
コグトレ課題に取り組みます。

ポイント
SST

先生のお話を聞いてからシートに書きます。

ポイント
SST
先生とお話しながらシートに書きます。

ポイント
トレーニング 1
ビジョントレーニングをします。

ポイント
トレーニング 2
カードゲームのルールを確認します。

ポイント
トレーニング 2
ルールを守ってゲームします。

Room Preview

ぷれいす の施設案内はこちら

Access Map


  ふれんど ぷれいす